隠れ肥満のタイプとは

隠れ肥満というのは、体重は肥満レベルではないのに体脂肪率が基準値よりも多い状態を指します。女性では体脂肪率30%以上、男性では25%以上となっています。
特に女性は胎児を保護するために皮下脂肪がつきやすく、筋肉量が少ないので隠れ肥満になりやすいです。男性はもともと筋肉量が多く、筋トレ効果も出やすいので、隠れ肥満タイプは女性より少ない傾向にあります。
隠れ肥満は、見た目も太っている一般的な肥満に比べてリスクが高い肥満です。肥満指数を表すBMI値は、25以上だと一般的に肥満に分類されます。しかし、隠れ肥満の人はBMIが25以下の場合もあるため、本人に自分が肥満だという自覚がありません。そのため、知らないうちに肥満による合併症(健康障害)があらわれてしまう事もあります。
食事制限のみで運動をしないダイエット方法を繰り返している人は、隠れ肥満になりやすいです。栄養が足りなくなると、体はまず筋肉を取り崩して栄養を補おうとします。すると筋肉量が減ります。ここでダイエットに挫折してやけ食いなどに走ってしまうと、減った筋肉は戻らず、その分の体重は脂肪でついてしまいます。こうしてどんどん痩せにくい、燃焼効率の悪い体ができてしまうというわけです。
食事制限のみで運動しないダイエットは、百害あって一利なしです。食べながらでも痩せやすいのは、ダイエット薬ゼニカルを使った減量方法です。
ゼニカルは食べた分の脂肪の30%を未消化で体外に排出してくれます。そのため、脂っこい食事を摂りすぎた時のリセットにも使えます。しかも、脂肪は排出しますが、たんぱく質は通常取り吸収するので、筋肉量が減ってしまう事もありません。ゼニカルを使えば筋肉を落とさずにダイエットする事が出来ます。

トップページへ